読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一杯の紅茶〜a cup of tea〜

ド田舎男子大学生が一杯の紅茶( またはコーヒー )とともに読んでほしい記事を発信するブログ。日常のことから役立つ!?情報まで配信中。

MENU

あなたのチョコレートへの意識を変える「Chocolatexturebar」

あとで読む

nendo・佐藤オオキの「by | n」からChocolatexturebar (ショコラテクスチャバー)が登場

f:id:uniboy:20160211003451p:plain

 

こんにちは、ド田舎男子大学生です。

mental_flossといういつも見ている英語のニュースサイトに「This Textured Bar Promises to Change the Way You Experience Chocolate」というタイトルの記事があり、取り上げている商品が面白かったので翻訳してご紹介。

 


 

There’s a chocolate bar out there for every taste—from white to bittersweet, almond-flecked to gold-leafed. But a new series of chocolate bars is banking on the idea that what's on the outside of a dessert counts just as much as (if not more than) what's on the inside.

  

世の中にはホワイトからビタースイート、アーモンド入りから金箔を付けたものまで様々な味の板チョコレートがある。しかし、この新シリーズの板チョコレートは「お菓子の外側にあるものは(それ以上ではないとしても)内側にあるものと同じくらい重要である」という考えに基づいている。

 

f:id:uniboy:20160211005514j:plain

 

Japanese design company Nendo is behind “chocolatetexturebar,” a line of chocolate bars that put the emphasis on texture. The “chocolatetexturebar” has 12 snap-off sections—with everything from dots to zigzags—that are designed to add a different flavor component.

 

テクスチャ(食感、食べた時の感覚)に重きを置くシリーズの板チョコ「chocolatetexturebar(ショコラテクスチャバー)」を手がけるのはそごう・西武とデザインオフィス nendo・佐藤オオキのコラボブランド「by | n(バイエヌ)」。

chocolatetexturebar(ショコラテクスチャバー)」は表面がドットやジグザグなど従来のチョコレートとは違う次元の味の違いを楽しむことができる12面に分割されている。

 

f:id:uniboy:20160211010712j:plain

 

The firm writes on its website:

“... although 'eating' is generally thought of as one action, actually the taste is recognized after going through various procedures such as 'place on top of the tongue,' 'bite,' 'roll inside the mouth,' 'melt' and 'swallow.' “chocolatexturebar” is a single bar of chocolate, but the surface is divided into 12 faces each with diverse texture. By tasting each face with the tongue … one can enjoy a new taste dimension that is unlike any other conventional chocolates.”

 

ホームページの説明

「食べる」というのはひとつの行為とされがちだが、実際は「舌に載せる」「噛む」「口の中で転がす」「溶かす」「飲み込む」といったいくつものプロセスを経て味が認識されるということだった。「chocolatexturebar」は1枚の板チョコだが、表面が12面に分割され、それぞれの質感が異なっている。この面が舌に触れるように味わうことで、やはり従来のチョコレートとは違う次元の味の違いを楽しむことができる。

 

f:id:uniboy:20160211010736j:plain

 

The bars come in milk chocolate, strawberry, white chocolate, bitter chocolate, and matcha flavors. Nendo also offers a “chocolamixture” set, which allows you to mix flavors like freeze-dried mango and raspberry in a chocolate flask, complete with a white chocolate cork. 

 

チョコレートの味はミルク・いちご・ホワイト・ビター・抹茶味がある。

さらにnendoはチョコレートでできたフラスコ型の容器に、ドライマンゴーやラズベリーなどのフレーバーを自由に組み合わせ、表面を燻すことでコルク色に仕上げたホワイトチョコレートで作るchocolamixture (ショコラミクスチャ) も発売。

 

f:id:uniboy:20160211011610j:plain

 

f:id:uniboy:20160211011929j:plain

f:id:uniboy:20160211011933j:plain

 

Unfortunately, the “chocolatetexturebar” and “chocolamixture” are only available for purchase in Japan, so you’ll need to hop on a plane if you want a taste of the cocoa creations.

 

残念ながら、この「chocolatetexturebar」と「chocolamixture」は日本でしか手に入らない。(西武池袋本店、渋谷店、そごう横浜店 各店バレンタイン特設会場など)

もしこのカカオ豆の製品を味わいたければ飛行機に飛び乗る必要があるだろう。

 

 

 via:mental_floss. images via Nendo.  translated by ド田舎男子大学生 

 


 

この発想はない!さすがはデザイナーだなと思いましたね。

確かに味は一緒でも舌触りでちょっと違った味を感じることができそう。

 というかもうすぐバレンタインか...。

はぁ〜。。。。。。

 

誰かチョコ下さい

 

 

今週のお題「バレンタインデー」

 

 

ポチッと応援→にほんブログ村 大学生日記ブログ 男子大学生へ
にほんブログ村

広告を非表示にする