読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一杯の紅茶〜a cup of tea〜

ド田舎男子大学生が一杯の紅茶( またはコーヒー )とともに読んでほしい記事を発信するブログ。日常のことから役立つ!?情報まで配信中。

MENU

年下の兄弟がいると肥満になりにくい!?

ニュース ニュース-English
あとで読む

年下の兄弟がいると肥満対策になる!?

f:id:uniboy:20160315213001p:plain

 

こんにちは、ド田舎男子大学生です。

皆さんには弟や妹がいますか?

年下の兄弟がいると肥満になりにくいことが分かりました。

 

When you’re a kid, having a younger brother or sister can be a mixed bag. But whether you saw your kid sibling as a best friend or annoying nuisance, whether you loved having someone to play with or hated sharing your toys, it turns out there may be tangible health benefits to having a younger sibling. 

 

あなたが子供だった頃、弟や妹とは色々あったかもしれません。

しかし、弟や妹を親友、または迷惑に感じようが、一緒に遊ぶ兄弟がいて嬉しい、またはおもちゃを共有するのが嫌だったかもしれないが、年下の兄弟は明白な健康の利益に成り得ると分かりました。

 

According to a study led by the University of Michigan which will be published in Pediatrics next month, becoming an older sibling before first grade may lower the risk of becoming obese. The study, which compared the body mass indexes (BMIs) of 697 children across the United States, found that the birth of a sibling between the ages of two and four was associated with a healthier BMI. Children without a sibling, meanwhile, were close to three times more likely to be obese by the first grade.

 

来月Pediatricsに掲載されるミシガン大学の研究によると、小学1年生になるまでに自分が兄や姉になることは肥満のリスクを下げるだろうとのこと。

アメリカの697人の子供のBMIを比較したこの研究で、2歳から4歳の間に年下の兄弟が生まれた人が健康的なBMIを示していることが分かりました。

一方で、一人っ子の子供は小学1年生までに、年下の兄弟がいる子供に比べて3倍も肥満になるリスクが高いことも分かりました。

 

Researchers are not yet sure why the connection between younger siblings and weight exists. At the moment, they believe the birth of a second sibling may change the way parents feed their kids, or that having a sibling causes children to lead more active lives. Researchers believe that the simple presence of a younger sibling may motivate kids to spend less time involved in solitary, sedentary activities like television watching, and more time in so-called "active play."

 

研究者たちは未だ肥満のリスクと年下の兄弟の繋がりについてはよく分かっていません。今のところは、2人目の子供の誕生が親たちの子供の食事に対する考え方を変える、または兄弟が子供を活発的にするからだろうと考えています。

年下の兄弟の存在が、子供をテレビを見るなどの1人遊びから活発的に運動して遊ぶ動機になっていると考えられています。

 

The study was inspired, in part, by the desire to solve the mounting childhood obesity problem in America. “Childhood obesity rates continue to be a great cause of concern. If the birth of a sibling changes behaviors within a family in ways that protect against obesity, these may be patterns other families can try to create in their own homes,” said researcher Julie Lumeng.

 

この研究は、アメリカで大きな問題となっている子供の肥満を解決したいという考えがもとになっています。「子供の肥満率はどんどん大きな懸念になりつつある。もし兄弟の誕生が家族の肥満の原因となる生活スタイルを改めるなら、これは多くの家族が真似できるものである。」と研究者のJulie Lumengは言う。

 

 via: mental_floss. translated by ド田舎男子大学生


 

 

広告を非表示にする