一杯の紅茶〜a cup of tea〜

ド田舎男子大学生が一杯の紅茶( またはコーヒー )とともに読んでほしい記事を発信するブログ。日常のことから役立つ!?情報まで配信中。

MENU

虎の個体数が100年ぶりに増加

あとで読む

f:id:uniboy:20160417200411j:plain

 

こんにちは、ド田舎男子大学生です。

虎が絶滅危惧種なのはよく知られています。

虎の世界的な保護活動が実を結んだのでしょうか?「虎の個体数が100年ぶりに増加」という記事を紹介します。

 

After a century of decline, the most recent tiger data revealed there are about 3,890 tigers in the wild, which is up from 3,200 in 2010, according to the World Wildlife Fund.

The big cat's comeback is in thanks to increasing tiger populations in India, Russia, Nepal and Bhutan. The ways in which we track tigers have improved and so have the methods used to protect these striped creatures.
"This is a pivotal step in the recovery of one of the world's most endangered and iconic species," said Ginette Hemley, senior vice president of wildlife conservation at WWF. "But much more work and investment is needed if we are to reach our goal of doubling wild tiger numbers by 2022."

 

約1世紀の間、虎の個体数が減少していましたが、世界野生生物基金の最近のデータで現在野生の虎の個体数が3890匹であることがわかりました。2010年には3200匹でした。

 

インド、ロシア、ネパール、ブータンで個体数の増加が確認されています。

野生の虎を追跡する技術や保護の方法も改善されています。

世界野生生物基金は虎の個体数を2022年までに2倍にすることを目標としています。

 

 via: CNN. translated by ド田舎男子大学生

 

 

 

広告を非表示にする