一杯の紅茶〜a cup of tea〜

ド田舎男子大学生が一杯の紅茶( またはコーヒー )とともに読んでほしい記事を発信するブログ。日常のことから役立つ!?情報まで配信中。

MENU

40歳を越えたら仕事は週3日が理想

あとで読む

f:id:uniboy:20160419125956g:plain

 

 

While holding a job can help keep the brains of adults stimulated, working too much can cause fatigue and mental exhaustion. So, what’s the perfect amount of work for people over 40? According to a recent study published in the Melbourne Institute’s Working Paper Series, a three-day work week may be ideal for remaining productive without burning out.

 

仕事をすることは脳を刺激し続けますが、働き過ぎは肉体的にも精神的にも疲労がたまります。40歳を越えたらどの程度の仕事量が適切なのでしょう?

最近掲載されたメルボルン研究所の報告書によると、疲れ果てずに生産性を保ちながら仕事できる理想の仕事量が週3日だとしています。

 

 

The Telegraph reports that researchers from Japan and Australia analyzed the impact of working hours on the cognitive abilities of 3000 men and 3500 women over 40 in Australia. Volunteers from a range of professions were asked to perform a series of cognitive tasks, including reading words aloud, reciting sequences of numbers, and connecting letters and numbers in specific patterns. Researchers found that working approximately 25 hours a week had a positive impact on cognitive functioning, while not working at all, or working more than 25 hours a week, had a negative impact. No statistically significant differences were found between the effects of working hours on men and women.

 

 

テレグラフは、日本とオーストラリアの研究者達がオーストラリアで、40歳を越える3000人の男性と3500人の女性を対象に、労働時間とそれが与える認知能力への影響を分析したと報じています。

幅広い職種から被験者を集め、音読、数列の暗唱、文字と数字をパターンに当てはめるなどの認知能力のテストを行いました。

実験によると、まったく働かない、または週に25時間以上の労働は認知能力に悪影響を及ぼしている一方で、約25時間の労働は認知能力に良い影響を与えていることがわかりました。

男性と女性では統計的にそれほど結果に差はありませんでした。

 

 

Their findings imply that, in order for employees over 40 to function at the highest possible capacity, a three-day (or 25 hour) work week may be best. However, researchers note that full time work—approximately 40 hours—seems to be less damaging than not working at all. Working more than 55 hours a week, meanwhile, may be the most damaging, taking a greater toll on cognitive functioning than total unemployment.

 

 

 

この実験から、40歳以上の人々が一番効率良く仕事するには週3日(週に25時間)の労働が理想ということが示されました。

しかし、研究者達によると週5日の労働(約40時間)も全く働かないことに比べたら、認知能力への悪影響は少ないとしています。

その一方で週55時間を超える労働は、全く働かないことに比べても認知能力により大きな悪影響を及ぼすと警告しています。

 

 via: mental_floss. translated by ド田舎男子大学生

 

 

 

「仕事ができるやつ」になる最短の道

「仕事ができるやつ」になる最短の道

  • 作者: 安達裕哉
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2015/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
頭がいい人の仕事は何が違うのか?

頭がいい人の仕事は何が違うのか?

  • 作者: 中尾ゆうすけ
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2015/04/21
  • メディア: 単行本
 

 

広告を非表示にする