読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一杯の紅茶〜a cup of tea〜

ド田舎男子大学生が一杯の紅茶( またはコーヒー )とともに読んでほしい記事を発信するブログ。日常のことから役立つ!?情報まで配信中。

MENU

糖尿病患者を管理してくれるスキンパッチが開発中

あとで読む

f:id:uniboy:20160329100003p:plain

 

こんにちは、ド田舎男子大学生です。

糖尿病と診断されてからの日常生活は制限がいろいろかかります。

グルコース濃度を考えて食事を取らなければならないし、何回も指先の血液で血糖値を測らなければなりません。そんな中、今研究者達の間で、グルコース濃度を測り、自動的に投薬するスキンパッチが開発されています

 

MIT Technology Review reports that the patch contains sensors that can detect temperature, humidity, pH, and glucose. The Graphene-based patch senses glucose levels in sweat and automatically releases medication when glucose levels become too high. Using microneedles, the patch painlessly releases insulin or metformin, a drug commonly prescribed to treat type 2 diabetes, just below skin level.

 

MIT Technology Reviewのレポートによると、このスキンパッチは体温、水分量、pH濃度、グルコース濃度を測ります。グラフェンという素材をもとに作られ、グルコース濃度を測るとともに、グルコース濃度が高い場合は自動的に投薬を行う機能があります。

顕微針と呼ばれる細い針を使い、痛みもなくインスリンやメトホルミン、2型糖尿病患者に一般的に処方される薬を皮膚の下に送り込みます。

 

 

It can even be equipped with a wireless data transmitter to send data to a smartphone.

 

ワイヤレスデータ送信機能も装備され、スマートフォンにデータを送ることもできます。

 

Unfortunately, the patch won’t be available on the market for some time. While researchers have made great strides towards developing a viable diabetes patch, more tests are still necessary to make sure it will work under all conditions. Ars Technica notes that the patch may be less effective in cold weather because it relies on sweat monitoring. However, once it’s completed, it could be revolutionary.

 

残念ながら、まだ市場に出る段階ではありませんが、現在研究者達の間で開発中であり、もう少し実験を重ね、すべての患者で正常に働くように微調整中とのこと。

Ars Technicaによると、このスキンパッチは気温が低いと正常に動かない可能性があるため、この問題を解決できたら革新的な糖尿病管理システムになるだろうと述べています。

 

 via: mental_floss. translated by ド田舎男子大学生


 

 

糖尿病治療ガイド 2014ー2015

糖尿病治療ガイド 2014ー2015

 
糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版

糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版

 

 

 

広告を非表示にする